読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガルドは二度斬る

twitterID:@yok_poke

【SMS4スペレ考察】呪いミミッキュをメタる

f:id:yokpoke:20170519204747g:plain

案の定こいつが多くほとんどが呪い型とのことなので、その対策方法とミミッキュ側からの対応策をまとめてみました。

 

◯呪いミミッキュについて

技は呪い/身代わりまで確定、守るも準確定で残り1つ自由。

道具枠と努力値振りは自由ですが、対応範囲を広げつつ可能な限りSに割くのが合理的でしょう。

ミミッキュ自体は振ればそこそこの耐久になるのですが、呪いのコストがあるので本体を殴られると脆い面があります。

 

 

◯対策方法一覧

 

1.上から殴る

(この対策方法をとることができる)主なポケモン:S163以上の有象無象

ミミッキュ側からの)対応策:回復実+どくまもor電磁波痺れ待ち

ミミッキュ側からの対応策として「やられる前に殴りきる」は当たり前なので省略。殴りきられるポケモンは使わないようにしましょう。

 

2.S下降技(凍風、岩封など。S109必要。)

主なポケモン:拘っていない有象無象

対応策:身代わり耐え調整、白いハーブ、1の対応策

 

3.ニトロチャージ(S109必要)

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170515184115p:plain

対応策:身代わり耐え調整、1の対応策

 

4.型破り

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170515184150p:plainf:id:yokpoke:20170515190500p:plain

対応策:特になし

 

5.挑発

主なポケモン:有象無象

対応策:上から挑発、メンハ+何か

 

 

6.アンコール(安定するのは下から)

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170515185747p:plainf:id:yokpoke:20170515183858p:plain(f:id:yokpoke:20170515185838p:plain)

対応策:上から挑発、メンハ+何か

 

7.連続技

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170516183358p:plainf:id:yokpoke:20170515190640p:plainf:id:yokpoke:20170515190602p:plainf:id:yokpoke:20170515185908p:plainf:id:yokpoke:20170515185758p:plain(f:id:yokpoke:20170509185416p:plain)

対応策:特になし

 

8.再生回復技

主なポケモン:受ける奴ら(ただし打点は必要)

対応策:挑発、痛み分け、毒

 

9.守るタイミングでS上昇積み技

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170515205254p:plainf:id:yokpoke:20170515190527p:plainf:id:yokpoke:20170515183845p:plain

対応策:択に勝つ、回復実を持って身代わり連打

 

10.(積み+)先制技

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170515205208p:plainf:id:yokpoke:20170515184255p:plainf:id:yokpoke:20170515183858p:plain

対応策:択に勝つ、先制技を耐える

 

11.音技、すり抜け

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170517190210p:plainf:id:yokpoke:20170515184340p:plain

対応策:特になし

 

12.上から毒、宿り木

主なポケモン:有象無象

対応策:ラム、ダメージレースに勝つ

 

13.上から拘りトリック

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170519214656p:plainf:id:yokpoke:20170515184054p:plainf:id:yokpoke:20170515081549g:plainポケモンによっては普通に殴った方が速い)

対応策:特になし

 

14.滅びの歌

主なポケモン:f:id:yokpoke:20170515183858p:plain

対応策:挑発、トリル

 

15.マジックガード

主なポケモン:実用級にはいない

対応策:特になし

 

16.上からみずびたし

主なポケモン:フローゼルバスラオラブカスもカス

対応策:用意する必要なし

 

 

このくらいだと思います。

特殊戦術ゆえメタられやすいのは仕方ないので、呪いミミッキュを使うなら環境を見ながらできるだけ広い範囲を見れる最強の型を探しましょう。

一方でメタる側に回る場合は複数の対策方法を用意し、相手の構成が何であっても再戦で詰まないようにするのがいいと思います。